テーマ:ことばの疑問

頌春(しょうしゅん)

頌春を「こうしゅん」を読んでいる人はいないだろうか。 実は恥ずかしながら自分がそうであった。 事の発端は、どういう意味か調べようとしたところ、「こうしゅん」では検索できなかったことにある。 声に出して読む機会がなかったおかげで恥をかかずに済んだが、同時に、この年になるまで正しい読みを知らなかったわけでもある。 「しょう」と読むの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

よりどり みどり

元は「選り取り」である。 多数の数の中から好きなものを選ぶ、という意味である。 気になる「みどり」は、「よりどり」の「どり」に洒落て「みどり」をくっつけたのかと思ったが、ちゃんと「選り取り見取り」という単語で存在する。 しかし、「選り取り」も「選り取り見取り」も、意味に別段違いはない。意味を表す上では「選り取り」だけで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仰げば尊し

先月は「♪なんだ坂♪こんな坂♪」であった。今月は「♪仰げば尊し♪我が師の恩♪」である。一体何のことか分かる人にはわかるだろうが、それはともかく、この「仰げば尊し」の歌詞の中で、「♪思えばいととし♪この年月♪」がどういう意味なのか長らく気になっていた(もちろん、他の部分も分からないだらけなのだが)。その中心にあるのが「いととし」である。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

“サバをよむ”とは

電子手帳で調べてみた。 「鯖をよむ」 (鯖を数えるのに、急いで数を読み、その際に数をごまかすことが多いところから)得をしようと数をごまかす。 ことなんだそうだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more