テーマ:省エネ

ドライミストの効能? その2

ネットを検索してみると長久手が会場になっていた、愛地球博で使われたとある。 「そうそう、そうだっけ」と思い出した次第(それに植物の壁もあったぞ)。 あれはたしか屋外での設備だったはず。 屋外ではエアコンが使えるはずもなく、こういうところでは最も効果的に冷却効果が得られる方法だろう。 しかしそれを、閉鎖的空間が基本である家庭環境で使…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エアコンの取り付け高さは?

エアコンの冷気にあたりながら、ふと、こんな考えがよぎった。 「えらい高い位置に取り付けてあるがこれでいいのか?」 測ってみると室内機の底面が床から167cmぐらいの位置にある。 電気屋さんが大体の常識的な位置に付けていったんだろうし、それが使う側としても何の違和感もなく納得しているのだが、果たしてこれが正解なんだろうか? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドライミスト装置の効能?

今日の読売新聞のくらし家庭面に、水に高圧をかけてノズルから噴射し微細な霧状にして、それが気化する際に周りの熱を奪う仕組みで部屋を涼しくする、ドライミストという装置を紹介している。 ノズルを軒先やベランダなどに設置しておき部屋に向けて噴射して使うと、8畳程度の部屋なら5~10分ほどで2~3度室温が下がるらしい。 1日8時間1か月使…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more