東芝SG型扇風機

東芝の古い扇風機である。 羽根の直径が40cmもあり、シャーシャーと羽根の風切り音が大きい今時の扇風機よりも、よっぽど静かで風量が多い。 東芝のサイトで調べてみると1964年から1965年にかけて販売されたものと分かった。 1964年といえば48年前、東京オリンピックがあった年。 以来きょうまで毎年使い続けてきた、我が家で最も古…
コメント:4

続きを読むread more

TA-E88の熱くなる素子に放熱器をつける

E88を通電中にあちこち内部を触っていると「熱っ!」となるものがいくつかある。 プリアンプは消費電力が少ないから、パワーアンプのように放熱に神経をとがらせていない。 しかし、ほとんど密閉に近い構造になっているから、局部的に温度が上昇するものには十分な対策が必要ではないか。 はじめに最も目につく、唯一放熱器のついたトランジスタ。 3…
コメント:0

続きを読むread more

TA-E88をながめていて思うこと

タンタルコンデンサーの短絡故障がきっかけでE88をじっくり見渡したところ、いくつか問題を見つけてしまった。 まずは31V電源ラインに入っている、タンタルコンデンサーのあまりにも余裕のない使い方。 松尾電機の注意書きによれば、このような低インピーダンスの回路では動作電圧の2倍以上、推奨は3倍の耐圧が必要とのこと。 近頃は63V耐圧の…
コメント:0

続きを読むread more

TA-E88のアルミ電解を取り換える

TA-E88に使われているアルミ電解コンデンサーは電源回路などに限られ、そのグレードはごく一般的なものである。 当時はそこまでうるさく言わなかったものと思われ、オーディオ用のアルミ電解はなかったのかもしれない。 そのためタンタルコンデンサーをパラに追加したと考えられる。 整流基板部のコンデンサーは修理の際に交換し終えているから、残…
コメント:0

続きを読むread more

TA-E88からタンタルコンデンサーを取り払っていく

タンタルコンデンサーについて調べていくと、興味深いことが分かった。 NCC松尾電機 http://www.ncc-matsuo.co.jp/pdf/tantal_204j.pdf 5.低インピーダンス回路での使用について0.1Ω/Vの低インピーダンス回路の故障率は1Ω/Vの場合の故障率に比較して約5倍となります。電源フィルタ…
コメント:0

続きを読むread more

レッツノート、無線LANドライバーのアップデート

レッツノートのCF-Y2、いつだったかHDD交換したマシンで、起動時にブルースクリーンになり使えなくなったと連絡あり、確認に行く。 起動のプロセスがかなり進んで、ログイン画面からようこそ画面に替わってからしばらくして一瞬ストップエラー画面が現れ、また最初から起動を始める。 ストップエラーが一瞬なので何が表示されていたか分からず、デ…
コメント:0

続きを読むread more

光学ドライブの交換

ソニーのPCG-GR9Kである。 2001年9月か10月ごろに買ってから、まだ使っている。 OSがWindows2000だから、2007年7月にMicrosoftが全サポートを終了したあとは細々とオフライン使用に限っていた。 とはいえ、画像処理やCD-Rを焼いたりDVDを観たり、MS-Officeを使ったりと重宝していた。 最近はグッ…
コメント:0

続きを読むread more

大雪警報で5cm

ゆうべは大雪警報が出て、どれだけ降るのかと心配したが朝起きてビックリ、どう見ても5cmぐらいしかない(画像は2日朝7時撮影)。 山間部ではある程度降っているのかもしれないが、これでは大雪注意報にだって届かない。 富山じゃ大雪警報出すなら50cmぐらい降りそうな時に出してほしい。 「出しときゃ安心」的ないい加減な態度で仕事するな。…
コメント:0

続きを読むread more

サムスンのHDD部門がシーゲイトへ 良かった

韓国企業サムスンのHDD事業部門を買収したとSeagateのサイトで発表されている。 これで世界のハードディスクメーカーは東芝、日立(HGST)、ウェスタンデジタル、シーゲイトの4社となった。 HGSTもウェスタンデジタルに売却することになっているから、世界でたった3社になるわけだ。 メーカーが減ることはいいことではないと思うが…
コメント:0

続きを読むread more

HT-4897-R21

CDドライブを内蔵していないビジネスノートのアプリインストールなどに活躍していたが、その機会もなくなり、もう数年も使わずに死蔵している日立製の外付けCD-ROM装置、HT-4897-R21である。 まだまだ元気なのだが、そろそろ捨てようかと思い記念のブログ登場となった。 中のCDドライブは松下寿のCR-504-JHB(1996No…
コメント:0

続きを読むread more

TA-E88の修理

ソニーのプリアンプTA-E88が故障した。 2つある電源トランスのうち1つのトランスの1次巻き線が断線という症状。 どうしようかと思っているうちに1年過ぎ、とりあえず電圧の合いそうな電源トランスをネットで探して取り寄せる。 E88の本体にはとても納まらないので、トランスのみ別箱に入れて配線。 それをリード線でつなぐ段階になってさらに1…
コメント:0

続きを読むread more

TA-E88のタンタルが壊れた

ソニーのプリアンプTA-E88にはタンタルコンデンサーが多用されている。 タンタルは高周波特性がいいとかインピーダンスが低いとかで使われるが、このコンデンサーの壊れ方はショートモードである。 したがって電源のパスコンに使えば電源をショートすることになり、たいへん危険である。 これはもう、とんでもないことだ。 現在のタンタルコンデン…
コメント:0

続きを読むread more

混信を避けよう・・・ 肉を切らせて骨を切る

石川局地デジと新潟局地デジのうち、 13ch 石川NHKE と 新潟NHKE 15ch 石川NHKG と 新潟NHKG 17ch 石川KTK と 新潟BSN 23ch 石川HAB と 新潟UX が同一チャンネルである。 この石川局を受信しようとする時、新潟局の電波も受信してしまったらそれは混信となって、まともな画像になら…
コメント:0

続きを読むread more

おい 混信かよ!

アナログ波が停波したって地デジの受信状況がよくなったわけじゃない。 ということは、ブースターには問題がなかったということだろう。 ところで、北陸総合通信局のサイトをうろついていると、石川県の加賀、小松、能美地域で混信による受信障害があるというページに行きついた。 そこにはNHK総合、NHK教育、テレビ金沢、北陸朝日放送で混信によ…
コメント:4

続きを読むread more

アナログTV放送終了前後の地デジ受信状況

ついにアナログTV放送が終了した。 24日深夜の、次々にアナログ局が停波して砂あらし画面になっていくようすは私にとって劇的であり、多少の寂しさも感じさせる出来事だった。 さて、これで地デジの受信状況が改善したか、大いに気になるところである。 前回のブログでやっているところのチェックを続けているので、停波の瞬間前後、2日分の結果を見…
コメント:0

続きを読むread more

地デジの受信状況調べで・・・

完全地デジ化まであと1週間になった。 アナログテレビ放送が終了する歴史的な日だ。 以前から、アナログ放送が終了(停波)すれば北陸朝日の受信状況が改善するんじゃないかと期待していた。 そしてアナログ放送終了前後の受信状態の変化をみるため6月17日から受信感度のチェックをしている。 1日に数回、日によっては1回だけのこともあるが毎日…
コメント:0

続きを読むread more

さよならDAT

永らく使っていたDAT(ディジタルオーディオテープ)を不燃ごみに捨てた。 ポータブルのTCD-D7、テープがロードできず録再が不可能、とうとう壊れてしまった。 永らく、といってもここ数年は引き出しにしまったまま、まったく使うことがなかった。 たまたま見つけて動かしてみたら動かなかった。 複雑な機構をもつものはトラブルが起きやすいことを改…
コメント:0

続きを読むread more

ブラウンのヒゲソリを廃棄したのだった

知り合いが持っていたBRAUNのZ-50というヒゲソリを、ひょんなことから廃棄する役目が回ってきた。 ここでオッと思ったことがあったので書きとめておこうと思う。 本体には充電池が内蔵されているので、それを外してから処分しなければならない。 剃ったヒゲが中に溜まったままカビたりしているのでなんともきたないが、充電池の取り外しは本体底…
コメント:0

続きを読むread more

LED電球を玄関灯にしてみた

東芝のLEL-AW6N/2という、2年前にエコポイントを交換して手に入れたLED電球である。 当時は1個4000円以上していて、6.9Wで白熱電球40W相当の明るさのものだ。 エコポイントという制度でもなければ買わないだろうと思う値段だ これを玄関の今まで使っていた20W蛍光灯と交換してみたのである。 大して意味のない明り(訪問者…
コメント:0

続きを読むread more

PC-LL7509D1Y たぶん完結編

件のチップを指で押さえていれば起動するわけで、じゃあということでチップの上に詰め物をして押さえつけることにした。 結果はまずまず、順調に起動する。 も少し抑える力を強くしたいが力の反動がキーボードにかかって持ち上がってしまうのでこれで一杯だろう。 で、起動不良はこれで決着。 このあと起動不良になったらもう知らん、壊して捨てるのみ。 …
コメント:0

続きを読むread more

PC-LL7509D1Yその後・・・ のその後

いよいよ起動がしづらくなってきた。 電源を入れてから起動できるまでに相当な時間がかかるようになり、運良く起動しても使用中にフリーズ、再起動に見舞われてまったく使い物にならない。 その契機となるのがディスクアクセスなので、やっぱりIDEコントローラーあたりの調子が悪いんだろう。 すでに実用の域から外れてしまっているので、ワンタッチボ…
コメント:0

続きを読むread more

eneloopって・・・

eneloopである。 3本のうち1本がまだ150回ぐらいしか充放電していないのに、充電できなくなった。 ICレコーダーでこの3本を順繰り使っていた。 充電はもちろん専用充電器で。 充電できなくなったのは、電池がなくなってもそのままICレコーダーに入れたままにしていた物の1本なんだが、そういう使い方がいけないらしい。 enelo…
コメント:0

続きを読むread more

PC-LL7509D1Yその後・・・

IDEの延長ケーブルを作ってノートの外まで引き出し、HDDをむき出しの形で稼働させて使っているが、信頼性といい、使い勝手といい、実用にはほど遠い。 というのも、起動不良がたびたび起きて安心できないのである。 よく出るのは、 ほとんどHDDに問題があるようなエラーメッセージであるが、パソコンが冷え切っている状態から起動する時は、新しいデ…
コメント:0

続きを読むread more

PC-LL7509D1Yに2台のIDEドライブをつけるが

ブログを書いていて思い出したノートの2HDD化である。 数年前(10年近い前)のPC-LW333の2ドライブ化が失敗したが、何を目的にそんなことをやっていたのか、おそらくディスク間での大量データ移動を素早くやりたかったのであろう。 あのころ、それができたのはNOVACの「2.5インチハードディスクステーション」だった。 PCカード(P…
コメント:0

続きを読むread more

PC-LL7509D1Y ―― 延長ケーブルを作ってみると

PC-LL7509D1YのHDDスロットに延長ケーブルつけてやろうを思いついたのはいいけれど、重い腰はなかなか上がらなかった。 壊れたディスクと、壊れた古いノートから取り出したHDDのコネクタがついたフラットケーブルがあったので、延長ケーブルを作る部品として利用するところまで用意はできていたが、その先に進めなかった。 それは、数年…
コメント:0

続きを読むread more

PC-LL7509D1Yでのエラーと起動不良

何事もなく何年か使った、NECのPC-LL7509D1Yである。 昨年暮れにいきなりブルースクリーンのSTOPエラーになり、ビックリしている間に自動再起動がかかったが起動しなかった。 電源を入れ直すなどして再起動を試みたがこのHDDでもう起動することはなかった。 HDDが壊れたのである。 システムバックアップをしていなかったのでリ…
コメント:0

続きを読むread more

自作パソコンの電力消費

5年前の自作パソコンであるが、使用頻度はそんなに高くなかった。 ノートのほうがどこでも使いやすいということもあるが、1番の理由はエコじゃない、電気の消費が多いということがある。 と言いながらも、いったいどれだけ電力を消費しているかは知らない。 使っていると排気ファンから暖かい風が流れているから、パソコンとしては相当使っているなぁ という…
コメント:0

続きを読むread more

屋根裏アンテナで地デジ受信(6)

受信が良好になってしまうと、今の受信データがどうなっているのか などと気にすることもなくなってしまった。 前回9月から、もう4か月が過ぎ季節は真冬、ひと通り受信できるチャンネルをサーチしてみると、なんとテレビ金沢が受信できない状態になっていた。 まあ、テレビ金沢も石川テレビも、富山にも同系列のテレビ局があるのでどうってことないし、そもそ…
コメント:0

続きを読むread more

レッツノートCF-Y2の修復

ハードディスクのエラーでWindowsがなかなか起動しないLet's note CF-Y2の修理を依頼された。 チェックディスクで修復を試みるがさほど効果もないので、ディスクの交換をすることにした。 ソフト側の作業は紆余曲折の末なんとかシステムバックアップが取れ、場面はハードディスクの交換作業に移る。 が、その前に交換のためのディ…
コメント:0

続きを読むread more

富山の家庭配置薬

我が家にある家庭配置薬の箱である。 左の黒くなった木箱はおそらく明治か大正時代のものだろうと思われる。 右の色鮮やかな樹脂製の薬箱はごく最近のものである。 と言っても、十数年前だろう。 自分の子供のころに使用されていたのは、ふたをかぶせる木箱のタイプではなく、樹脂製のように引き出しタイプだった。 ただし箱の材質は厚紙…
コメント:0

続きを読むread more

CMOSの不具合らしい

 富士通のFMV-BIBLO NB50Jの持ち主から「パソコンが起動しないので見てほしい」と連絡があった。 2004年製のWindowsXPで年数から見てかなりの使い込みようだから、よくあるハードディスクの劣化による起動不良と思われた。  交換用のハードディスクと処理用パソコンを持って、持ち主宅に行って確認をしてみたところ、BIO…
コメント:0

続きを読むread more

屋根裏アンテナで地デジ受信(5)

ケーブル等を一新してから3か月余りが過ぎた。 その間にどこの局が入りにくいなどということも一々気にしなくなっていたが、我が家では天気の良い日には受信できなかったはずのHAB(北陸朝日放送)が、知らず知らずのうちにいつも受信できているようになったみたいなので、例によってアクオスLC-16Eを使って調べてみた。 データの列、左から9月…
コメント:0

続きを読むread more

屋根裏アンテナで地デジ受信(4)

その後の進展状態、実は5月30日にアッテネーター、同軸ケーブル、分配器をすべて新しくして配線したのである。 古い配線のままにしておいて映る時もあれば映らない時もあるという中途半端な状態では、精神衛生上非常によろしくない。 今どきの機材に交換するなど受信対策をして、それでも映らないのであれば納得もできよう(あきらめもつく?)というも…
コメント:0

続きを読むread more

ドライミストの効能? その2

ネットを検索してみると長久手が会場になっていた、愛地球博で使われたとある。 「そうそう、そうだっけ」と思い出した次第(それに植物の壁もあったぞ)。 あれはたしか屋外での設備だったはず。 屋外ではエアコンが使えるはずもなく、こういうところでは最も効果的に冷却効果が得られる方法だろう。 しかしそれを、閉鎖的空間が基本である家庭環境で使…
コメント:0

続きを読むread more

エアコンの取り付け高さは?

エアコンの冷気にあたりながら、ふと、こんな考えがよぎった。 「えらい高い位置に取り付けてあるがこれでいいのか?」 測ってみると室内機の底面が床から167cmぐらいの位置にある。 電気屋さんが大体の常識的な位置に付けていったんだろうし、それが使う側としても何の違和感もなく納得しているのだが、果たしてこれが正解なんだろうか? …
コメント:0

続きを読むread more

ドライミスト装置の効能?

今日の読売新聞のくらし家庭面に、水に高圧をかけてノズルから噴射し微細な霧状にして、それが気化する際に周りの熱を奪う仕組みで部屋を涼しくする、ドライミストという装置を紹介している。 ノズルを軒先やベランダなどに設置しておき部屋に向けて噴射して使うと、8畳程度の部屋なら5~10分ほどで2~3度室温が下がるらしい。 1日8時間1か月使…
コメント:0

続きを読むread more

屋根裏アンテナで地デジ受信(3)

ゴールデンウィークに入り、ブースターを地デジ対応の新しい物(DXアンテナBU33L1)に交換してみた。 HAB(北陸朝日)の受信を改善するのが目的だったが、なんと結果は全くと言っていいほど効果なし。 むしろ悪いくらいだ。 14年間使い続けたブースター(DXアンテナBM-411J)だから、もうくたびれているかと思ったが、意外にも健闘してい…
コメント:0

続きを読むread more

太陽の村

30年前行った西表島のリゾート地「太陽の村」がとっくの昔につぶれていたとは、いままで知らなかった! 素晴らしい景色ののんびりした所でいい思い出しか残っていない、またいつか行きたいところだった。 http://ameblo.jp/iriomote-ijyuu/entry-10253312319.html http://seren…
コメント:0

続きを読むread more

うちなーかなさんどー

3年前沖縄に行ったとき買ってきた「シークァーサーキャンディー」。 「沖縄限定」と「沖縄ことばクイズ付き」の表示につられ、これは貴重と思い買った。 ずっと飾ってあった(笑)が、賞味期限2007.10をとっくに過ぎたためさすがにヤバいかなと思い今年初めから食べ始めたのだった。 この味この酸っぱさは慣れるとクセになる。 1袋といわず数袋…
コメント:0

続きを読むread more

地デジの受信とケーブル

地デジについての話題を最近見聞きするところ、現在地デジを視聴している人は日本の全体の3分の1ぐらいしかいないという感じだ。 しかも地デジが受信できるテレビを所有している人はもっといるにもかかわらずである。 いままで知らなかったが、テレビはVHFのみで受信できた、あるいは事足りた地域があるということ。 2011年にはアナログ放送が終…
コメント:0

続きを読むread more

屋根裏アンテナで地デジ受信(2)

14年前に屋根裏にアンテナを立ててからまったくいじらずに、そのまま地デジも見ていたわけである。 それが前回のブログで、なぜ富山・石川向きのアンテナを合成してブースターの石川用入力に接続したかというのは、富山方面の地デジが入りにくいという事情があったからである。 その原因として富山用入力のブースターの特性が送信チャンネルに合っていなかった…
コメント:0

続きを読むread more

屋根裏アンテナで地デジ受信

 以前のブログ「TV受信 ~屋根裏の怪~」で屋根裏にアンテナをあげてTV受信をしていると書いたが、その後地デジ放送も本格的に始まり、世間は様変わりしてしまった気がする。  我が家でも2年前に液晶テレビを買って地デジの美しさを実感し、去年は2台のブラウン管テレビを液晶に買い替えてしまった。 1度地デジの美しさに慣れてしまえばアナログ…
コメント:0

続きを読むread more

PC-LL300をリフレッシュ改造する(5)冷却ファン

 冷却ファンをはずすにはアルミのCPU放熱板(ラジエーター)およびキーボード枠(本体上部匡体)を外す必要がある。 CPU放熱板は発熱するCPUと密着し、その熱を逃がす重要なキーパーツである。 これをいったん外し再度取り付けることになるが、そのとき元通りにCPUに密着させて取り付けられなければならない。  もしヘタをすればCPUを焦がし…
コメント:0

続きを読むread more

PC-LL300をリフレッシュ改造する(4)ディスプレイ

 そもそもディスプレイを取り換えられるのか、取り替えてちゃんと動作するのか疑問であった。 CDドライブもディスプレイも、交換するためにはLL550をまず分解して取り出さなければならない。 これはLL300を分解する前のちょうど予行演習になったのだ。 LL300を分解していくときLL550と同じ構造だということがわかり、なんだかうまく行き…
コメント:0

続きを読むread more

PC-LL300をリフレッシュ改造する(3)CDドライブ

 CDドライブの交換をやってみたい。 この作業は改造の中で最も簡単だ。 多少写真の状況は違ったりするがざっと順序を追ってみたい。  まず、CDドライブがある本体裏側の、ドライブ固定ネジ2本を外す。  次に、パワーボタンの付いているパネルを外す。 下の写真のように右側面に小さな穴があり、そこに小型ドライバを差し込み下に押えながらパ…
コメント:0

続きを読むread more

PC-LL300をリフレッシュ改造する(2)HDD

 リフレッシュ改造の順序として、ディスプレイが交換できればファンとHDD、そしてCDドライブ、という条件だった。 まずディスプレイが替えられなければ、見苦しくて使ってられないからである。 しかし交換できたとしてもLL550のディスプレイだってどうなんだかわからなかったのであるが。  もし実際に作業をしようという場合には、ここでの情…
コメント:0

続きを読むread more

PC-LL300をリフレッシュ改造する(1)

 NECのラヴィPC-LL300と、起動しないPC-LL550をもらった。 起動しないLL550は論外。 LL300も一応は使えるがディスプレイの明るさにひどいムラがあり、冷却ファンがガラガラと音を立ててやたらとうるさい。 またCDドライブはCD-Rが認識できないなど、このマシンを使ってやろうという気が起きないほどくたびれている。  …
コメント:0

続きを読むread more

トラックポイントを取るとどうなるか?

 IBM ThinkPad 600X を使っている。 もう10年にもなるご老体である。 もちろん、今ではメインで使えるパワーは持ち合わせていないが、まだまだそれなりの使い方はある。  それが少し前からトラックポイントが調子悪くなり、触っていないのに勝手にポインタがズリズリ歩き出すようになった。 最初はたいして気ならないぐらいだった…
コメント:0

続きを読むread more