沖縄駆け足3日間(3)

東南植物楽園からさらに北上して、本部(もとぶ)半島の付け根にある古宇利島(こうりじま)へ行く。 道すがら、田んぼが目に入る。 沖縄でも米は採れる。 そして一部であるがとてもうまい米が採れるのある。 その味は日本一になったこともあるほどである。 そのことを今ガイドさんから聞いて初めて知ったが、知らない人が多いだろう。
(ブランド米というと、思いつくのは魚沼産コシヒカリだろうか。 しかし魚沼で作付けされる何倍もの魚沼産コシヒカリが出荷されていた。 事実、以前に知り合いの専業農家は採れたコシヒカリをトラックで魚沼に運び、詰め替えて魚沼産コシヒカリとして売ったことがあったと言っていた。 もちろんそれができるのは、味と品質に問題がない場合に限るのだろうが・・・)

ただ、沖縄は水が少ないので水田は多くない。 よく見かけるのはサトウキビ畑である。 そのサトウキビが花盛りなのである。 とはいうものの、楽しめるほどのきれいさもない。 ススキの穂に似たような花ではあるが、ちょっと違うのは、ススキのように先だけに花が集中せず、垂れないで上を向いていることである。 どうってことはないがしかし、この時期でないと見られないサトウキビの花であった。
画像

天気が徐々に回復しているようで、雲が薄くなり、てぃだ(太陽)が時折顔を見せる、そうすると青い沖縄の海が見えるのである。 澄んだ沖縄の美ら(ちゅら)海も、空の色を映す。 青い空があってはじめて沖縄の青い海が見えるのである。
その青い浅瀬の海の上を、古宇利島まで1900~2000mほどもある長い橋がかかっている。 古宇利大橋といい、街路灯がないという変わった特徴がある。 正確には、上から照らす一般的な街路灯ではなく、歩道に埋め込まれて足元を照らすような方法の街路灯が設置されているそうである。 頭上から照らす普通の街路灯と違って、付近の海に光が洩れて海中の生物の生態系を乱してしまうことがないそうだ。 今思えば実際どんなものだったのか確認すればよかったかもしれないが、たいして興味がなかったため見るのを忘れてしまった。

橋を渡って古宇利島に着いたところでバスを降りる。 ・・・はっきり言って何でここへきたの?って感じだ。 浜辺で橋を見てるだけー
画像

古宇利島でしばし休憩のあと、渡った橋を戻り本島最北端の辺戸(へど)岬へ向かう。 ここからはずっと右手が山になっている海岸線をひた走る。 山は木々に覆われ、うっそうと茂っている。 本島北部にはヤンバルクイナがいるそうだから、ひょっとするとこういう茂みの中にひそんでいるのかなと、勝手な想像をする。 絶滅危惧種である。
南部・中部に比べ北部は人がいない。 湾になったところにわずかな集落があるだけである。 見方を変えれば手付かずの自然が残っているといえるが、観光資源になるような自然でもなさそうだ。

気が付くと外洋の荒々しい波しぶきが海岸の岩を洗っている。 自然の防波堤となる珊瑚礁で囲まれた海岸へは直接波がこないのだが、このあたり(国頭:くにがみ)の海岸には不思議なことに珊瑚礁が所々しかないのである。 同じ景色を見ながらでは退屈で、寝入っている人も多くなり、しかしガイドさんだけが機関銃のようにしゃべりまくっている。

古宇利島から1時間ぐらい走ってようやく辺戸岬に着く。 前方は海、もうこの先はないのである。 50mぐらいの高さの絶壁、下は荒々しい波が打ち寄せて、風が強く恐い。 さすがに寒さを感じた。 晴れていれば与論島が見えるというが、水平線がかすんでいて見えなかった。
・・・ やっぱり何でここへ来たの? って感じだ。 荒々しい海を見てるだけ。 波が穏やかだったらさらにつまらないかもしれない。 2階建てのレストランがあるのだが営業をしていない。 休業期間かとも思われるが、入り口のドア越しに見える内部は荒れた感じだし、広場の庭園灯も壊れて倒れたままだ。 中南部から遠く離れて、この程度の景色では観光地としては成り立ちにくい気がする。
画像

沖縄本島で一番本土に近いところ辺戸岬、その先端に「祖国復帰闘争碑」が立っている。 碑の後ろには1976年4月沖縄県祖国復帰協議会が建立したと記されている。 そして、碑の台にはその由縁が彫られていたはずなのだが、それに興味を持ったのは家に着いてからであり、どんな内容が書かれていたかはわからない。 この碑はもしかすると、 辺戸岬で最も見るべきものだったのかもしれない。

バスは本部半島にある1泊目のホテルに向け、今来た道を引き返す。 また長い道中の始まりだ。  さすがにガイドさんの言葉も途切れがちになる。 とても覚えきれないほどたくさんの情報を、ありがとう。

日がどっぷりと暮れた頃にようやくホテルに着く。 目の前に海洋博の記念公園があるリゾートホテルだ。  長期滞在できるように立派なキッチンなども備えられていて、2人で1泊するには広すぎる部屋だった。 おかげでゆったりくつろげた。

ここのロビーにパソコンがあったので使ってみた。 席が空いたのですぐに座ると、ログオフしてシャットダウン中となっている。 しばらくしてログイン可能となったところで使い出した。 mixi にログイン、e-mailアドレスとパスワードを入れるが、「う~ん、何だか怖いぞ」と思いつつ…  念のため終了後、インターネット一時ファイルとクッキー、履歴をクリアして Windows をログオフする。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント