頌春(しょうしゅん)

頌春を「こうしゅん」を読んでいる人はいないだろうか。 実は恥ずかしながら自分がそうであった。

事の発端は、どういう意味か調べようとしたところ、「こうしゅん」では検索できなかったことにある。 声に出して読む機会がなかったおかげで恥をかかずに済んだが、同時に、この年になるまで正しい読みを知らなかったわけでもある。
「しょう」と読むのは、松や訟を「しょう」と読むように、「公」が音を表している。

ところで頌春の意味は、「春をたたえる・唱える」という意味になる。 つまり、春(新年)の祝福を声に出してたたえるということだ。 年賀状に「頌春」と書かれていれば、「『明けましておめでとうございます』と声に出して申し上げます」 という意味にでもなるのだろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント