壊れたダイナブック

知り合いからパソコンをもらった。
東芝ノートパソコンDynaBook Satellite Pro 440CDX/1.4アプリケーションモデル。
トラブルが起きた時の状況は聞かなかったが、とにかく電源が入らないとのこと。だからもう要らないのだそうだ。ホクホクしてもらって来て、早速電源を入れてみた。

確かに電源が入らない。ACアダプタとバッテリの充電ランプは点いている。電源スイッチを入れると電源ランプが点いてCapsLockのA文字ランプが2度ほど点滅するがそれっきりである。ディスプレイが点かなければハードディスクの回転音もしない。いろいろなキーを押しながら起動を試してみるがBIOSも起動しない。もっとも、たとえ起動していてもディスプレイが点かないからそれも分からないが・・・かなり重症だ。
電源回路が正常なら各部に電力が供給され、ディスプレイはバックライトが点き、ハードディスクからは回転音が聞こえるはずだ。しかし、そういったことが何にもない。

このままでは何にも分からないから、とにかく分解してみることにする。まずバッテリやCD-ROM、ハードディスクなどを外してから外から見えるネジをすべて外していく。そしてまずパームレストを手前からめくるように外し、その中にある増設メモリ、電話モデムユニット(とインタフェイス?)、キーボードを外す。キーボードを外すにはファンクションキー列とスピーカの間に横たわる細い樹脂のバーを外さなければならないが、これはちょっとコツが要る。

キーボードを外すと、その下にある基板の左端に小さなコネクタが2つあり、それぞれ赤黒のリード線が出ている。そしてそれはそれぞれ小さなニッケル水素の内蔵バッテリパック(サブバッテリとRTC用バッテリ)につながっている。この2つのコネクタを見ると金属部が銀色であるはずが、まだらな緑色をしている。虫眼鏡でよく見るとどうも腐食しているらしい。画像

こういう状態に遭遇したのは初めてではない。バッテリで動作するワープロのニッカドバッテリの液漏れでコネクタを腐食して電源が入らなくなったことがあったし、デスクトップPCの内蔵バッテリでも同じようなことがあり、電源を入れるたびに時計が狂っていた。デスクトップPCの場合はコネクタを取り除いて基板を洗浄して新しいバッテリのリードを直接半田付けし、その後も使えていた。

さて、腐食のようすをよく見るためにサテライトプロをさらに分解する。金属板やディスプレイ・上ブタなどを次々に外してしまうと、コネクタの付いていたのはメインボードだと分かった。そのメインボードを取り外して虫眼鏡で観察すると腐食がかなり広がっているように見える。周辺の配線の銅箔やスルーホールなどに緑色の粉が吹いて腐食しているのである。腐食は基板の裏の配線にまで進んでいる。これでは回復の望みは薄い。湿らせたウェスやティッシュで腐食を拭き取ろうとするがたいして取れない。それよりも基板内部でどうなっているかだ。見た目では基板表面の断線はないようだ。でも内部のことは分からない。

元通り組み立てて電源を入れてみたがやはり状況は変わらなかった。当然と言えば当然か。
メインボードの最後部にCPUがあり、取り付けられた放熱器と排気ファンでノート後方外部へ熱が排出され、メインボードの最も手前、ちょうどパームレストの中央には増設メモリとその裏にオンボードのメモリがある。CPUとメモリの間にはコントローラと思われる、東芝の名前が入った大きなチップがあり、そこからメモリに向かって多くの配線がある。つまりメモリバスあるいはシステムバスが走っていることが分かる。そしてこのバスの途中に内蔵バッテリのコネクタがあるのである。このコネクタから染み出たバッテリの電解液がバス配線を腐食して断線させ、CPUが正常に動作できないのかもしれない。

パソコンの電源が入らないところから、電源を壊しているのかもしれない。内蔵バッテリの充電回路が電解液によりショートして電源を壊した?
電源をコントロールする回路があったとしてそれがうまく働いていないため、電源回路が本来の動作をしないのかもしれない。
うーーむ、このままゴミ箱行きとなるのか・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

ブルーキャット
2012年12月25日 22:40
私の、パソコンメーカー名東芝 DynaBooK Satellite Pro
440OCDX/1,4アプリケーショウンモデル、形名PA1241SA
製造番号:97033239 電源を入れると、起動しますし使っています、プリンターメーカー名Canon(キャノン)BJC-250Jで動きますが、インクも(キャノン)型番:BC-05です、インクがないので、買いに行ったら、この型番のインクは、もうないと(製造していない)いわれ、がっかりでした。
2012年12月26日 11:11
どちらも2000年になる前の製品ですよね。 今でも使えるとは、メンテや使い方が上手いですね。

インクはネットで検索すると、まだ手に入れられそうです。