SATAのRAID0も試してみる

RAID1を試したのだから、RAID0もどんなものか見てみたい・・インストールは面倒だけど、アクティベーションをとっていない今がチャンス、やってみることにした。

IntelのRAID設定画面で一旦RAID1を削除し、RAID0に組み直せばOKだ。あとはOSのクリーンインストールだけだ(これが一番のやっかい者ではある)。 その後グラフィックカードのドライバインストール、そしてデバイスマネージャを開き、表示のハードウェアにできるだけ「?」や「!」が付かないようにドライバ等の再インストールまたは更新をしておく。

準備ができたところでHDBENCHを実行してみる。 他のベンチマークソフトもそうであるが、結果は実行するたびに毎回違ってくる。 これは比較的成績の良かった結果である。

=================================
★ ★ ★ HDBENCH Ver 3.40 beta 6 (C)EP82改/かず ★ ★ ★
M/B Name
Processor  Pentium4 3200.26MHz[GenuineIntel family F model 4 step 1]
Cache    L1_D:[0K] L1_I:[12K] L2:[1024K]
Name String Intel(R) Pentium(R) 4 CPU 3.20GHz
Processor  Pentium4 3200.26MHz[GenuineIntel family F model 4 step 1]
Cache    L1_D:[0K] L1_I:[12K] L2:[1024K]
Name String Intel(R) Pentium(R) 4 CPU 3.20GHz 
VideoCard  NVIDIA GeForce PCX 5750 
Resolution 1280x1024 (32Bit color) 
Memory   522,656 KByte 
OS      5.1 (Build: 2600) Service Pack 2 
Date    2005/02/16 13:14 

Intel(R) 82801FB/FBM Ultra ATA Storage Controllers - 266F
プライマリ IDE チャネル
 HL-DT-ST DVDRAM GSA-4160B

Intel(R) 82801FB/FBM Ultra ATA Storage Controllers - 266F
セカンダリ IDE チャネル

Intel(R) 82801FR SATA RAID Controller
 RAID_Volume0

ITE IT8212 ATA RAID Controller

  ALL Integer  Float MemoryR MemoryW MemoryRW DirectDraw
80448  161271 185900  264908 120524  244121     59

Rectangle  Text  Ellipse BitBlt  Read  Write  RRead RWrite Drive
  64800 62000  13520   273 100688  50793  25104  27299 C:\100MB
=================================

このうち目的としているディスクチェックの結果だけを通常のディスクシステムと重ねてみる。
      Read  Write  RRead RWrite
RAID 0  100688  50793  25104  27299
NORMAL  56952  26310  21694  12824
これを見ると、そのまま2倍とまではいかないが、明らかにRAID0の効果が読み取れる。 OSインストール前のフォーマットにかかる時間がおよそ半分で済むことから、ベンチマークテスト前から予想はしていたが、なかなかの好結果だと思う。 もっとも、2台のSATAなら300MB/sのスピードが出てもおかしくはないのだが・・ ディスクの読み書き速度そのものがインターフェイスのスピードに追いついていないということだろうか。

ちなみにRAIDテストの間はなるべく条件を同じにするつもりで、C:ドライブのサイズは常に30718MBとしている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック