替えの電源を買った

「Pen4ならグラフィック内蔵M/Bで16A、グラフィックカードを使うなら18A必要」という「PCガイドブック」の言葉を真に受けて電源を買った。

岡谷エレクトロニクス株式会社の OTONASHII R2 400W で、仕様は以下のようになっている。

INPUT 100-120V/200-240V 10/5.5A 60Hz/50Hz , OUTPUT 400W MAX 500W PEAK
+ 3.3V  30 A MAX 32 A PEAK
+ 5 V  40 A      45 A      +5V & +3.3V TOTAL 230W
+12 V  25 A      28 A      +5V & +3.3V & +12V TOTAL 370.5W
- 5 V  0.5A       0.5A     2.5W
-12 V  0.8A       0.8A     9.6W
+ 5 V  2.5A       3 A     12.5W

ちなみにケースに付いていた電源の仕様だ。

MACRON MPT-400 LOW NOISE TEMPRATURE CONTROLLER
INPUT 115V 8A 60Hz , 230V 4.5A 50Hz , OUTPUT 400W MAX
+3.3V  22 A MAX
+5 V   35 A     +5V & +3.3V TOTAL OUTPUT 210W
+12 V   15 A
-5 V   0.5A
-12 V   0.8A
+5 V   3 A

ここで、もともとケースに付いてきた電源も400Wなので、何で買い替えるのか? という疑問になるが、単に+12Vの出力電流が、岡谷のほうが多いというだけの理由だ。25A取れるのだから十二分であるという判断。
では出力電流が増えたら出力電力も大きい必要があるのではないかという考えもあるが、それはこのあとどれだけ内蔵パーツをインストールするか、だと思う。

1番電力を喰うのはCPU、最大84Wらしい(Thermal Design Power)だ。CPUファンは13Wぐらい。 HDDは2台で約30W。もう2台追加の可能性があるので60W。
 あと、M/Bは不明。それなりのヒートシンクが2つあり、メモリも含めて40Wぐらいか? PCIに追加するライザカード、IEEE1394とSCSIはもう買い込んである。 合わせて12Wぐらいだ。 もしかするとビデオキャプチャーを付けるかもしれないが。

他にも取り付けている物はあるが、これぐらいならば400Wもあれば十分まかなえると思う。 それよりも気になるのは起動時のHDD・ファン類の回転物のスピンアップかもしれない。 通常の2倍ぐらいの電流が流れる(根拠は無いが)として、岡谷の28APeak、500WPeakなら十分と言えるだろう。

ではなぜ岡谷なのか? それは、お店にあったからだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント