トラ刈りオヤジのノラないハナシ

アクセスカウンタ

zoom RSS SSD換装顛末

<<   作成日時 : 2015/02/25 16:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

O S: Windows Vista Ultimate
マシン: dynabook Satellite WXW/79CW
メモリ: 2GBx2
ディスク: Intel SSDSC2CT240A3 240GB

症状は、
初期は数日ぐらいに1度のブルースクリーンのストップエラー、すぐ勝手に再起動(または真っ黒のまま)してしまう状態。
ようすが分からないまま 「ま、いいか」 と使っていると、じきにエラーの間隔が縮まり、起動して2〜3分ぐらいでエラーが起きるようになった。これじゃぁ使い物にならないので何とかしなくてはいけないなぁと思うようになった。

で、ストップエラーの内容が、
0x00000001、0x00000019、0x000000D1・・・・などなど、いずれも数秒で自動再起動するが・・・
エラー後すんなり再起動する場合あり、ようこそ画面のままあり、BIOS画面のままなどで、起動できない状況もさまざま。これはかなり末期的な症状に見える。

この、ストップエラーコードを別のパソコンで情報収集してみると、
0x00000001にはKB935936を適用、
0x00000019にはKB973026を適用・・・等々。
エラーコードだけでもバラエティーに富むこの症状の不安定さは、ハードかもしれないし2月10日のWindowsUpdateを実施したせいなのかもしれない。
使い出してから今年の夏には丸8年になる、かなり老体のdynabookだということがあるし、昨年8月のWindowsUpdate後のトラブルでは回復ポイントによる復元もできず、7月のバックアップからのリカバリで対処した、イヤな思い出もある。



さて、どう対処するか
まずは手軽なところでSSDの抜き差し、これは何の効果もなし。だろうなー、SATAコネクタの接触不良ごときではなかった。

次は復元ポイントの利用。適用前の2月6日の復元ポイントがあったのでその時点に戻ってみたが数分でブルースクリーン。これも原因ではないようだ。

その次にできること。SSDをハードディスクに交換してみることにする。去年7月のシステムバックアップを、HDDにリカバリし使用してみる。

すると、起動してから1時間経っても2時間経っても問題ない。では試しにWindowsUpdateを実施し、1日使用したがぜんぜん問題なし。
どうもSSDが悪かったらしい。試しにSSDに戻して起動すると・・ 1時間半余りでブルースクリーンに。一時は 「使えてるのか」 と思ったが、これで原因がSSDだと思って間違いなさそうだ。
この最後の時間が貴重だった。ユーザーデータを全部退避することができたからだ。あらためて普段からバックアップをマメにしておくべきだと思った。

新しいSSD、CFDのCSSD-S6T256NHG6Qを用意し、去年7月のシステムバックアップをリカバリして使うことにした。
Windows8.1でこのSSDをMBR初期化と、1パーティションにフォーマット。次いで本機にSSDを装着してリカバリ、システムディスクとした。IntelのSSDのときはVistaでフォーマットして手間取ったが、今はWin8で普通に4KBセクターにフォーマットできるのが、ありがたい。



新しいSSDですんなり起動、HDDと比べるとホントにキビキビ動いてくれて助かる。さっそく、退避したデータを戻したりセキュリティソフトのアップグレードやWindowsUpdateを始める。

「退避」なんてカッコよく呼んでいるが、実は各ユーザーフォルダのファイルを外部ドライブにコピーしているだけ。メールメッセージもエクスポートなんてしないで、各メッセージフォルダのファイルを外部ドライブにコピーしている。
「復元」は逆に外部ドライブから元のフォルダにコピーしているだけだ。

ちなみに、メールメッセージはWindowsメールだと「Bill」というユーザーの場合、
C:\Users\Bill\AppData\Local\Microsoft\Windows Mail\Local Folders\
の、下にある各フォルダに記憶されている。
ごみ箱  →  Deleted Items
下書き  →  Drafts
受信トレイ → Inbox 
迷惑メール → Junk E-mail
送信トレイ → Outbox
送信済みアイテム → Sent Items
受信トレイ内や送信トレイ内に、アカウント別格納などの目的でフォルダを作っている場合には、それぞれ「Inbox」「Outbox」フォルダ内にその名前のフォルダが作られている。
各フォルダにあるメールメッセージは、「eml」という拡張子で 1メールメッセージが 1ファイルになっている。これを「退避」「復元」する。サイズが「0KB」のファイルは削除しても問題ないようだ。
「 winmail.fol 」はプログラムで使用しているらしいので触らないのが無難。



WindowsUpdateができない!
順調に復元作業が進んでいたが、WindowsUpdateでぴたりと止まった。更新プログラムの確認をしようとすると「・・・サービスが実行されていないため・・・」あーたらこーたら、すかさず コントロールパネル → 管理ツール → サービス で「Windows Update」を確認する。
「状態」は「開始」になっているじゃないか。しかし何度やってもWindowsUpdateが終わらない。いや、始まらない。

しょうがないからネットで検索すると、かなり難しい問題らしい。
AHCIドライバーをアップデートしろとか、バッチファイルを作って実行しろ、その他いろいろ・・

その中で、
http://pcclick.seesaa.net/article/274231255.html
の最後の2〜3行にある、
「最終的に、自動更新を無効にして、手動でUpdateした上で、再度自動更新を有効にしたところ正常に回復いたしました。」

まずこれを試すことにした。
画像

WindowsUpdate起動 → 設定の変更 → 重要なプログラム(I)で 「更新プログラムを確認しない(推奨されません)」を選択し「OK」
ウィンドウを閉じたのち再度、
WindowsUpdate起動 → 設定の変更 → 重要なプログラム(I)で 「更新プログラムを自動的にインストールする(推奨)」を選択し「OK」 

これを実施したところ、すぐ更新プログラムの確認が始まりインストール完了、見事に解決した。いやまったくありがたい。



ところで故障らしいIntelのSSD、買ってから2年半ほど過ぎている。
3年保証の期間内なので購入時の書類などを提示すれば無料交換なのだが、なぜか今回はこのまま所持することにする、開けてしまったし。

画像

そしてカバー裏の日付、これは製造年月日だろうか? だとすれば数日も違わず、キッチリ3年で壊れてる! ソニータイマーも真っ青のインテルタイマー。かくも技術は進んだということか(笑)



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
SSD換装顛末 トラ刈りオヤジのノラないハナシ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる