トラ刈りオヤジのノラないハナシ

アクセスカウンタ

zoom RSS KAF-A55のボリューム

<<   作成日時 : 2013/03/01 14:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

重宝しているKAF-A55(以下KAF)である。
ネットを検索していると、どこかのQ&Aに「音量が小さくて使えない」というのがあった。 どうもPCを音源にして使っているときに起きているようだが、PCのボリュームを絞っていると当然USBの出力データも減算される。 入力元が絞られているのだからいくらKAFでボリュームを上げたって音は大きくならない。

そこでKAFのボリュームカーブがどうなっているか、何気なしに調べてみた。 デンオンオーディオテクニカルCD(38C39-7147)から、100Hz0dBトラックと100Hz-20dBトラックをUSBメモリーにコピーし再生して、スピーカー出力のLcHをSE-U55のアナログ入力で受け、DigiOnSoundのレベルメーターで見る。

また、その電圧をSANWAのポケットDMM、PS-8で測った。 普通、オーディオアンプでは1kHzぐらいで測るところを、100Hzを使ったのはPS-8が測定できる周波数範囲が40Hz〜500Hzだからである。 なので315Hzでも良かったのだが、テスターの主目的は商用ACの50〜60Hzを測ることにあるので、念のためより近い100Hzを選んだ。
テスターの確度(絶対値からの誤差)は製造時±2.3%±8dgtである。

KAFのボリュームはディスプレイにおいて0目盛から39目盛とMAXの41段階で、ボリュームと出力の関係を書きだしたのが下の表である。

目盛   dB   目盛    dB
MAX    0    20    -24
39    -2    19    -25
38    -4    18    -26
37    -6    17    -27
36    -8    16    -28 (1.07V0.28W4Ω)(100Hz0dB)
35    -9    15    -29
34    -10    14    -30
33    -11    13    -31
32    -12    12    -32
31    -13    11    -33
30    -14    10    -35
29    -15     9     -37
28    -16     8     -40
27    -17     7     -43
26    -18     6     -47
25    -19     5     -51
24    -20     4     -56
23    -21     3     -62
22    -22     2     -69
21    -23     1     -79


表中、目盛とはボリュームつまみを回した時にディスプレイに表示される数字である。 記入してないが目盛0では出力はない。
また dB はスピーカー出力電圧で、ボリュームMAXの出力を0dBとし、ボリュームを絞りこんでいったときの出力をMAXと比較して、何dB下がったかを記録した。

ボリュームMAXから21目盛までは100Hz-20dBのトラックを使用し、21目盛から下は100Hz0dBのトラックを使った。 ボリューム2〜1目盛ではSE-U55のノイズレベルに近くなるので値がちょっとあやしい。

出力の変化をみると、MAXから36目盛まで2dB刻みでトータル8dbの減衰となる。 最大ボリューム付近であるにもかかわらず比較的大きな変化をつけている。 これは音源のレベルが低くてゲインが必要な場合に対応させるためと思われ、気の利いた設定だ。

36目盛から11目盛までは1dB刻みでMAXからトータルして33dBの減衰になる。 このあたりのボリューム位置が普段使われると見込んであるのか、出力を細かく調節できる設定になっている。

11目盛から9目盛まで2dB刻みでMAXからトータル37dBまで減衰、9目盛から7目盛まで3dB刻みでMAXからトータル43dBまで減衰、7目盛から5目盛まで4dB刻みでMAXからトータル51dBまで減衰・・・ というように絞り切りに近くなってくるほど減衰の段階が大きくなる。 これは一般的な設定といえる。

ではいったいボリュームのどれぐらいの位置でどれだけの出力があるかというと、デジタル0dB入力では目盛16で0.28Wの出力(4Ω)がある(DMMで1.070V〜1.071V)。 そうすると計算上では目盛26で2.8W、目盛31で9Wと定格の10Wに近い出力になる(目盛32では11.4W)。 つまりデジタル音源の場合ボリュームの31目盛なら、とにかく定格以内で使えるという目安になる。

また、MAX目盛で10Wの最大出力を得るためには、デジタルの信号レベルが-13dB必要ということになる。


【デジタルオーディオデータと電圧の関係】

+Full 7FFF
 :   :
+1   0001
0   0000
-1   FFFF
 :   :
-Full 8000



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
KAF-A55のボリューム トラ刈りオヤジのノラないハナシ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる